ワーキングホリデー

【海外でもできる】家で家系ラーメンを作ってみた

 

こんにちは。木下(@kkino0908)です。

 

長期で海外に行くと日本食が恋しくなりますよね。
僕の場合はラーメンが食べたくなるので、帰国後は東京駅の壱角家と決まっています。

 

出国から2カ月経ち、さすがに大好きな地元横浜のラーメンである家系ラーメンが食べたくなってきたのですが

今住んでるフリーマントルには家系ラーメンの店がない。

(というか海外進出している話を聞いたことがない)

 

ラーメン屋はあるんだけど、正直あまり美味しくない。
あ、これ店主が自分で言ってるので間違いない。

でね、そのあまり美味しくないラーメンで我慢していたのだけど

我慢の限界が来てしまった。

家系ラーメン中毒の僕はさすがに禁断症状が出てくるわけです。
ブルブル震えます。

でもね、気づいたんです。


「ないなら自分で作ればいいじゃん!」

ということで、家で家系ラーメン
通称「家家系ラーメン」を作ってみました!

 

まずは下準備

 

やると決めたからには徹底的にやりたいタチなので、前日から仕込みます。

まずはチャーシューから。
ほろほろの二郎系ブタも良いけど、家系と言えば固めの薄い豚チャーシュー。

ということでタコ糸付きの豚肩ブロックを購入。2キロ16ドルで買って半分を友達に売りつける。

焼き目をつけてから生姜とネギと共に煮て中まで火を通し、フライパンでたれに絡ませて冷蔵庫で漬け込む。

たれは醤油ベースの(以下企業秘密

ゆでたまごもここに漬けて置き煮卵にする。

あとは明日レンジでチンするのみ。夜食のチャーシュー丼の仕込みもできました。

 

続いて、大事なスープのダシである豚骨と鶏ガラを血抜きする。

 

といっても30分温水にさらして豚骨10分、鶏がら1分茹でるのみ。

 

豚骨。マンガに出てくる犬が好きな骨そのもの。半分に切ってもらう


鶏ガラさん。

豚骨と鶏ガラは近所の肉屋のおっちゃんに頼んで売ってもらいました。

 

この量で100円しないくらい。
ただ本来は犬のおやつとして残してるらしい。
犬って本当に骨食べるんだな…

 

ラーメンはスープが命!チャレンジ当日

さあ勝負の日。予定所要時間は7時間。

18時から働かなければならないので、9時には台所を占拠します。

珍しく早起きしてルームメイトがびっくりしてた。

まず血抜きしておいた豚骨を水から煮る。というか炊く。

あくを取りながら、水が蒸発したら足して、蒸発したら足しての繰り返し。

ひたすら6時間繰り返す。

鶏油をつくる

炊いている間に鶏油(チーユ)を作ります。
後からかける油です。家系でアブラ多めとかいってるのはこの鶏油のことを指しています。

鶏皮を200gほど茹でる。これまた肉屋のおっちゃんにオーダーメイドしてもらったやつ。
裏で引きちぎってきてくれた。約60円。感謝。

あくを取りながら煮ること約1時間…

黄色い油が出てくる。
これをおたまですくって保存。

本当は揚げ焼きするんだけど、どうせスープにいれるので沢山とれるボイルにしました。

これが鶏油。チャーハンや野菜炒め使ってもgood!

激しょっぱ!たれづくり

いたってシンプル。醤油と塩を合わせてむちゃくちゃしょっぱくします。

 

ヤマサやキッコーマンはオーストラリアでも買える。

1645年創業ってまじ?

 

水も入れますが蒸発させます。

こんな具合にたれ完成。

このたれが家系の神髄「豚骨醤油」の醤油味になるわけです。

濃いめ薄めはこのたれの量で調整します。

あとはスープを待つのみ!

完成まであと少し!仕上げ編

豚骨を6時間炊いたら、ようやく出番です、鶏ガラと手羽先2本(もみじの代わり)を入れます。
鶏ガラは豚骨と違い煮込みすぎると味が飛んでしまうらしい。
そのため時間差で投入します。

1時間ほど炊いたらネギの青いところ、生姜、にんにく、にんじんのヘタ、たまねぎを加える。
まあネギと生姜があればなんとかなる。

だいぶ白濁してラーメンっぽくなった

このまま30分ほど煮込んで完成!

 

さて、盛り付けますよ…

どんぶりにたれを好みの量、豚骨スープを流し込み麺を乗せます。
鶏油を少量垂らす。鶏油を入れると一気にお店クオリティの見た目になりますよ。

工程がラーメン屋みたいですね。固め濃いめお待ち~~!

そして前日に仕込んだチャーシュー、チャーシューと共に漬けた味玉
ネギの白いところ、塩ゆでしたほうれん草を乗せ、最後に海苔で完成!

うおおおおおおお!!!!!

気づきました?最後に海苔で完成!とか言いながら海苔を乗せ忘れる僕。
海苔12ドルもしたのに…(後日談:近所のスーパーで2ドルだった)

水色の器があればよかったんだけどさすがになかったので頭の中でぬりえをしておいてください。
レンゲはわざわざ買ったよ…

うおおおおおおおお!!!

朝から何も食べずに作ること7時間。
総製作時間10時間

ついに!
2カ月ちょっとぶりの家系ラーメン!!!


うめェ!!!!

やはり16時間炊いているいつもの店ほど豚骨は濃くならないですが、
それでもしっかり家系の味!!

 

器が白いもんで家系感が伝わりませんが、しっかり家系のあの味です!

出来栄え良すぎてこのレシピnoteで6500円で売れると思う。

 

アッとい間に完食。最高です。
まあ、空きっ腹に家系ぶちこんだので腹壊すんですが。

 

☆☆☆

ご覧のようにとっっっても手間がかかるので、
それでも作りたい変態か家系の店がない僻地に送り込まれた同志は是非ともチャレンジしてほしい。
そして決してその日初めて胃に入れるものが家系にならないようにしよう。
ピーピーや。

 

kinopi